祖父が使っていたオリンパスのOM10について


祖父が持っていたフィルムカメラをたまたま見つけました。

 

オリンパスのom10です。たしか35DCもあったはずですが、見あたりませんでした。今度探しますね。
けど、これから使うとなればOM10かな、なんて思ってます。

電池はOM10なら100均にあるLR44で、行けるみたいだし。

ただ、別にオリンパスにこだわりはないので、フィルムカメラを使うならコニカC35やヤシカ-MEなんかもいいなぁなんて思ったんですが。。
フィルムカメラに詳しい方に聞いたら、中古のカメラ屋でフィルムカメラを買うなら、電池を入れていいなら、露出計の動作確認をしたり、フィルム室のふたを開け、モルトっていう遮光のためのスポンジがくたびれてないか確認した方がいいということでした。他にもモードダイヤルが、ちゃんと動くかとかもみた方がいいとそうです。ミラーやレンズにカビがないかなんてのもチェックすべき点でした。

ちなみにオリンパスのOM10って、安価なAE専用機で、OM-2と同様にダイレクト測光機なんですけど、操作系なんかは独自なんですよね。ボディも造りはチープだし。。。

けど、比較的大きな欠点がない感じです。むしろ他社の同レベルのモデルに比べ、ホールド感、ミラーショック、静音性が高いんです。案外コスパは高いのかなという印象です。マニュアルアダプタなんかカメラマニアには、うれしいと思いますよ。

ただ、まあ同じ廉価版ならOM20でしょうね。ZUIKOのレンズでがTTLダイレクト測光の一眼レフなんで、普通の使い方なら問題ないと思います。けど、露出補正が必要になった時なんかはきついと思います。

なので、もし、使わないって判断したら、フィルムカメラを買取してもらえるなら買取してもらった方がいいかなと考えたりしています。